Insert title here
  1. トップページ
  2. 動画アーカイブ

垣見玄悟の動画アーカイブ

4件中 1 - 4 件の検索結果
表示件数: 5 10 30
三井倉庫グループの上海茗之意商貿有限公司、美晟茲貿易(上海)有限公司で董事長兼総経理を務める垣見玄悟氏のインタビュー。最終回では、日系企業の中国販路拡大ミーティングに同行し、日中ビジネスの架け橋として活躍する垣見さんを追いました。関係者のコメントからも、垣見さんの人となりや、中国への思いが伝わってきます。海外経験が豊富な垣見さんの目から見た、シンガポールと中国の政策の比較や、中国でビジネスを続ける意義について、お話しいただきました。

倉庫業を海外で広める立役者③~付加価値の追求~

提供開始日:
2015-11-16
カテゴリ:
出演:
  • 会員動画
三井倉庫グループの上海茗之意商貿有限公司、美晟茲貿易(上海)有限公司で董事長兼総経理を務める垣見玄悟氏のインタビュー。三井倉庫は、主力を注ぐ倉庫業務において、どのような付加価値を提供しているのか? 錦江三井倉庫に併設された6000平方メートルの流通加工場で、輸出入品の加工や検品が行われる様子や、特殊な貨物を保管する定温庫の映像とともに、同社の多彩なサービスを紹介します。長年、物流の世界に身を置き、アジア市場の縮図を目の当たりにしてきた垣見さんに、1990年代~2000年代の動向と、今後の中国における物流業の展望を語っていただきました。
三井倉庫グループの上海茗之意商貿有限公司、美晟茲貿易(上海)有限公司で董事長兼総経理を務める垣見玄悟氏のインタビュー。第2弾は、“みなし外国地域”としての保税区や物流園区の特徴や、中国国内向け配送拠点としての活用例、物流費を削減できるバイヤーズコンソリデーションについてご紹介いただきました。中国の規制は緩和傾向にあるため、新たに様々な倉庫の用途が生まれ、扱う貨物の範囲も増えています。日本では、医薬品や書類・メディア専用の倉庫需要が高まっていることを踏まえて、中国の需要拡大を見据え、三運物流は専門性の高い倉庫も運営しています。物流園区内にある書類倉庫やコーヒー豆倉庫にもカメラが入り、倉庫マンのロマンと倉庫の可能性に迫ります。
三井倉庫グループの上海茗之意商貿有限公司、美晟茲貿易(上海)有限公司で董事長兼総経理を務める垣見玄悟氏のインタビュー。第1弾は三井倉庫一筋、アジアを中心に海外事業を手掛けてきた垣見さんの経歴と、現在の事業内容、更には中国の保税区の仕組みや、中国国内における倉庫業の需要などについてお話しいただきました。今回は、歴史ある三運物流と最新の錦江三井倉庫も撮影させていただき、目にする機会の少ない倉庫内の映像もお届けします。
4件中 1 - 4 件の検索結果
表示件数: 5 10 30
Insert title here
Copyright (C) 2014 JCNETASIA. All Rights Reserved.