Insert title here
  1. トップページ
  2. 動画アーカイブ
31件中 1 - 10件の検索結果
表示件数: 5 10 30

中国におけるブランド品の越境EC(後編)

提供開始日:
2016-06-30
カテゴリ:
出演:
  • 会員動画
2016年上海で開催されました「日中越境ECセミナー」の様子を配信いたします。「中国マーケットを攻める!」をテーマに全三回を予定。今回は上海華美恒育電子商務有限公司、代表取締役の項方兵さんにお越しいただきました。締めとなる、第三回後編となります。テーマは、海外ブランドアイテムの輸入と、その障壁。煩雑な法、税制度の解説とともに、如何にして販路を展開していくかを徹底解説していきます!まだまだ白熱する越境EC市場で”勝つ”べく、ぜひご覧くださいませ!
2016年上海で開催されました「日中越境ECセミナー」の様子を配信いたします。「中国マーケットを攻める!」をテーマに全三回を予定。今回は上海華美恒育電子商務有限公司、代表取締役の項方兵さんにお越しいただきました。テーマは、海外ブランドアイテムの輸入と、その障壁。煩雑な法、税制度の解説とともに、如何にして販路を展開していくかを徹底解説していきます!まだまだ白熱する越境EC市場で”勝つ”べく、ぜひご覧くださいませ!

物流側から見た越境EC(後編)

提供開始日:
2016-06-16
カテゴリ:
出演:
  • 会員動画
2016年上海で開催されました「日中越境ECセミナー」の様子を配信いたします。「中国マーケットを攻める!」をテーマに全三回を予定。今回は、第二回の後編となります。株式会社グッドミッション取締役営業部長の柳澤勉さんをお招きし、物流方面から見た中国越境ECのあれこれを解説いたします!貨物の扱いや、国内外の配送手段、さらには各種税率など中国市場の攻略に必須な基礎知識を丁寧に解説!まだまだ白熱する越境EC市場で”勝つ”べく、ぜひご覧くださいませ!

物流側から見た越境EC(前編)

提供開始日:
2016-06-09
カテゴリ:
出演:
2016年上海で開催されました「日中越境ECセミナー」の様子を配信いたします。「中国マーケットを攻める!」をテーマに全三回を予定。今回は株式会社グッドミッション取締役営業部長の柳澤勉さんをお招きし、物流方面から見た中国越境ECのあれこれを解説いたします!貨物の扱いや、国内外の配送手段、さらには各種税率など中国市場の攻略に必須な基礎知識を丁寧に解説!まだまだ白熱する越境EC市場で”勝つ”べく、ぜひご覧くださいませ!
2016年上海で開催されました「日中越境ECセミナー」の様子を配信いたします。「中国マーケットを攻める!」をテーマに全三回を予定。今回はNIPPON LUMINARIA董事長の松屋貴史さんが登壇し、加速するECの実情を歴史的な変遷と多くの実例とともに解き明かします。多くの日本企業が気づかない、そして勘違いをしている多くのポイントを丁寧に紹介!それを乗り越えるために必要な“意外な”解決法とは…?
MAZARS日本部パートナー・公認会計士である望月一央氏のセミナー動画第3弾! 今回は望月氏をはじめ、MAZARSの日本、タイ、フィリピンオフィスのプロパーが中国に集結してセミナーを開催しました。第7回はフィリピンオフィスの金内勇氏に、フィリピンの移転価格税制の現状とガイドラインの特徴について解説していただきました。フィリピンの移転価格ガイドラインは、2013年1月に公表され、2月に適用が開始されたばかりの新しい税制のため、事例がまだないというのが現状です。ガイドラインは、06年に草案が作られた後、7年間が経った13年に突然公表された背景として、10年にBIR(国税局)長官に任命されたキム・ヘナレス氏の影響を挙げています。フィリピンの税務行政の方針が大きく変わり、制度の厳格化が顕著に示される実例もご紹介いただきました。移転価格税制については、調査官のスキルが追いついておらず、ベンチマークの基礎となるデータベースもこれから構築していくという段階ですが、今後のBIRの移転価格調査が本格化する可能性を視野に入れる必要があるということです。
MAZARS日本部パートナー・公認会計士である望月一央氏のセミナー動画第3弾! 今回は望月氏をはじめ、MAZARSの日本、タイ、フィリピンオフィスのプロパーが中国に集結してセミナーを開催しました。第6回はタイオフィスの小出達也氏に、タイ税制の現状と移転価格税制執行への展望について解説していただきました。タイの税務当局は、源泉地課税の強化に力を入れており、国際取引の分野についてはまだ遅れています。タイにおける移転価格税制は、2002年にOECDに準拠した税務調査のガイドラインが公表されてはいますが、企業に対して文書化を要請するものではありません。また、投資を呼びこむために、タイ投資委員会(BOI)の優遇税制が実施されており、多国籍企業が本社を置いている例も少ないことから、これまで税務当局は移転価格税制に重点を置いていませんでした。しかし、最近流れが変わり、階層間の対立や所得格差が社会問題になる中で、税制改革が進められています。2015年5月には移転価格税制に関する法案が承認され、より実効性の高い税制の導入が図られており、タイにおける決算書提出時に、新たな項目の開示が求められる可能性が出てきています。
MAZARS日本部パートナー・公認会計士である望月一央氏のセミナー動画第3弾! 今回は望月氏をはじめ、MAZARSの日本、タイ、フィリピンオフィスのプロパーが中国に集結してセミナーを開催しました。第5回は上海オフィスの望月氏が担当し、BEPS(税源浸食と利益移転)に対する中国の対応について解説していただきました。BEPSプロジェクトの中で非常に重要な要素である「自動的情報交換(AEOI)」の意義を踏まえ、中国が自国の課税権確保のために重視している本質的な部分、OECDの中での中国の立ち位置などについて、鋭い見解をお話しいただいています。中国は、G20の規約に従った法体系の整備を始めており、2018年を目処に税収情報の交換促進に向けた管理手段の調整を進めています。BEPSに対して中国が示す強い姿勢についても総括してご紹介いただきました。
MAZARS日本部パートナー・公認会計士である望月一央氏のセミナー動画第3弾! 今回は望月氏をはじめ、MAZARSの日本、タイ、フィリピンオフィスのプロパーが中国に集結してセミナーを開催しました。第4回は上海オフィスの望月氏に、世界規模の流れとして、なぜBEPSというものが出てきたのか、元々の問題点は何だったのかということを中心にお話しいただきました。世界の利益の約50%が国際間取引によるもので、日本では、売上高1000億円以上の企業に85%以上の利益が集中しています。デジタエコノミー(IT産業)の発展により、大企業への富の集中が顕著になり、国の財政を支える税収の問題が注目されるようになりました。G20首脳がBEPSプロジェクト実施に乗り出した背景に触れ、国際情勢の観点からBEPSの位置付け、方針などについて解説していただきました。
MAZARS日本部パートナー・公認会計士である望月一央氏のセミナー動画第3弾! 今回は望月氏をはじめ、MAZARSの日本、タイ、フィリピンオフィスのプロパーが中国に集結してセミナーを開催しました。第3回は東京オフィスの横山登氏が担当。現在、BEPS行動計画13の勧告内容を踏まえた税制の法制化が各国で進められており、企業側が、今後どのように対応していくのが良いのか、また、留意すべき点について解説していただきました。これまで、日本企業の本社の多くは、海外子会社の移転価格文書を収集していませんでした。今後は、現地子会社が作成するマスターファイル、ローカルファイルと、本社が作成する国別報告書の整合が取れていなければならず、本社と子会社間の情報交換が重要になってきます。従来のコンプライアンス対応中心から移転価格管理へと、体制の整備が求められている中で、文書の作成フローや買収先の情報収集についても検討する必要があります。さらに、日本の平成27年度、28年度の税制改正の関連部分についてご紹介いただき、企業側は、各国の税務当局の動きを見据えつつ、迅速に準備を進めていかなければならないことを強調されています。
31件中 1 - 10件の検索結果
表示件数: 5 10 30
条件で絞り込む
Insert title here
Copyright (C) 2014 JCNETASIA. All Rights Reserved.