Insert title here
  1. トップページ
  2. 動画アーカイブ
33件中 1 - 10件の検索結果
表示件数: 5 10 30
TMI総合法律事務所山根基宏弁護士による中国の法制度への理解を深める講座番組の第2弾。全5話のシリーズの最終回は、外商投資企業の設立・変更時の各種許認可に関する緩和政策や、「外国投資法」を中心に解説していただきました。近年中国では、外資に対する規制緩和政策により、各種手続きの効率化を図る動きが進んでいます。2015年6月から外貨登記手続きは銀行に権限が委譲され、同10月からは「三証合一」登記制度改革によって、企業の設立登記や登記情報の変更手続きは、営業許可証の発給のみに一本化されました。ただ、新制度導入直後の過渡期においては、現場での運用がうまくいかず、逆に手続きに時間がかかってしまうことも多々あるため、申請時には注意が必要です。また、2015年1月に草案意見募集稿が公表された「外国投資法」は、三資企業法に取って代わるもので、外商投資企業に大きな影響が及びます。現地法人の実務を根本から変更することになる、同法の動向と基本原則についてもご紹介いただきました。
TMI総合法律事務所山根基宏弁護士による、中国の法制度への理解を深める講座番組の第2弾。全5話シリーズの第4話は、中国で生活をする上で知っておきたい制度について解説していただきました。上海市では2015年7月から、外国人永久居留証(永住権)の取得条件が大幅に緩和されたことや、高級人材への優遇措置、中国の大学を卒業後、上海で起業したいという外国人留学生への優遇措置などについてご紹介いただきました。また、一般の外国人の就労ビザ(Zビザ)も上海で申請が可能になったことや、長期居留許可の対象の拡大など、新たな政策措置は、上海で就労している方やこれから中国で働く方は、ぜひ知っておきたい内容です。
TMI総合法律事務所山根基宏弁護士による中国の法制度への理解を深める講座番組の第2弾。今回は「日本人が知っておくべき中国の法律事情」について全5話のシリーズでお送りします。第3話は「会社の休暇制度」がテーマです。会社の休暇には、年次有給休暇のほか、傷病、出産、結婚、弔事など、様々な種類がある中国。有給休暇を消化しなかった場合は、買い取り義務が定められているなど、日本と異なる点も多々あります。また、傷病休暇については、悪用されることも珍しくないため、どのような手法で偽装が行われているのか、雇用者が知っておきたい実例を解説していただきました。
TMI総合法律事務所山根基宏弁護士による中国の法制度への理解を深める講座番組の第2弾。今回は「日本人が知っておくべき中国の法律事情」について全5話のシリーズでお送りします。第2話は「中国の休日制度」がテーマ。中国人は休んでばかりいるというイメージがありますが、国が定める法定祝日は日本より少なく、振替出勤日という独特の制度があることなどを解説しています。中国の祝日は旧暦に基づくため毎年異なり、12月に入ってから翌年の祝日のカレンダーが公布されるという事情などもお話しいただきました。在中国企業と取引をする際には、春節(旧正月)の大型連休や、日中が交互に連休になる9月~10月のスケジューリングには注意が必要です。決済などのロスをなくすためにも、中国の休日制度への理解を深めましょう。
TMI総合法律事務所山根基宏弁護士による、中国の法制度への理解を深める講座番組の第2弾。今回は「日本人が知っておくべき中国の法律事情」をテーマに全5話のシリーズでおおくりします。第1話は「中国の信用調査」というテーマで、中国の企業と取引や契約をする際に、相手企業の信用調査は、契約書の内容チェックよりも重要であることや、調査の方法などを詳しくお話しいただいています。また、2014年に中国の工商部門が開設した「全国企業信用情報公示システム(全国企业信用信息公示系统)」について、山根弁護士が実際に使い方を示しながら、チェックすべき項目などを解説していただきました。
上海で会計コンサルタントと簿記教室の講師を務める上海簿記SVS会計スクールの深野幸平氏による複式簿記の講座。最終回では、回収不能になった、売掛金などの債券を処理する際に使う「貸倒引当金」について解説します。正しい純損益を計算するという観点から、決算期をまたぐ売掛金の回収など、具体例を挙げながら、「貸倒引当金繰入」を使った決算整理仕分の考え方をご説明いただきました。実務上はどう処理されているのかもご紹介いただいているので、経済ニュースの内容がより深く理解できるようになります。
上海で会計コンサルタントと簿記教室の講師を務める上海簿記SVS会計スクールの深野幸平氏による複式簿記の講座。第3回は、日商簿記3級の内容の中から、決算整理仕分の項目の1つ、固定資産の減価償却について、直接法を中心に解説していただきました。設例を用いながら、減価償却費の計算方法などを学び、中国と日本の税法は異なるため、耐用年数の規定にも違いがあるなどの注意点もご紹介いただいています。

会計の基本原則 複式簿記について②~仕訳~

提供開始日:
2015-09-10
カテゴリ:
出演:
  • 会員動画
上海で会計コンサルタントと簿記教室の講師を務める上海簿記SVS会計スクールの深野幸平氏による複式簿記の講座。第2回は「会計は仕訳に始まり、仕訳に終わる」と言われるほど、会計において重要な仕訳がテーマです。仕訳帳への記入の方法について、設例を解きながら説明を聞くことで、より理解を深めることができます。コーヒーブレイクのクイズをはさみ、後半では、日本の商品売買に関する会計処理では、最もポピュラーな「三分法」について解説していただきました。
上海で会計コンサルタントと簿記教室の講師を務める上海簿記SVS会計スクールの深野幸平氏による全4回の講座シリーズ。第1回は、複式簿記の基本を中心に、各勘定科目ごとの記入のルールや覚え方など、基礎の基礎を分かりやすく解説していただきました。複式簿記の知識なくしては、会社経営は成り立ちません。管理職の方はもとより、会社員として最低限必要な会計の知識がこのシリーズで身につきます!
中国における広告活動②~広告会社との有効な関係作りが成功の鍵~ イベントプロモーションからオンラインキャンペーンまで、売上貢献を重視した広告キャンペーンの企画と実施を主力としている九誠浮力の郭九誠氏が講師を担当。KPIの落とし穴や、広告会社に発注する前に、まず社内で検討しておくべきこと、そして、広告会社の力を最大限に引き出すプロジェクトの進め方について、大切なポイントをお話しいただきました。
33件中 1 - 10件の検索結果
表示件数: 5 10 30
条件で絞り込む
Insert title here
Copyright (C) 2014 JCNETASIA. All Rights Reserved.