Insert title here
  1. トップページ
  2. コラムアーカイブ

鵜子幸久のコラムアーカイブ

10件中 1- 10 件の検索結果
表示件数: 5 10 30
筆者:
鵜子幸久

第11回 マレーシアとの経済関係を強化する日本

 近年、日本とマレーシアの関係は政治的にも経済的にも密接になっています。お互いの垣根がなくなっていけば、親近感も高まっていくに違いありません。両国の関係がこのまま、さらに深まっていってほしいものです。

筆者:
鵜子幸久

第10回 外国人投資家の保護が厚いマレーシア

マレーシアは、外国企業や外国人投資家を保護するために、様々な施策が実行されております。アジア・第三世界でこれほど投資チャンスに恵まれている国は少ないでしょう。その実情をご報告いたします。

筆者:
鵜子幸久

第9回 外資100%の進出を容認しているマレーシア

マレーシアは2009年から、外資100%の進出が可能となっております。これによって、日本企業の進出が一段と加速いたしました。マレーシアの投資環境は近隣諸国の追随を許さないのは間違いないでしょう。

筆者:
鵜子幸久

第8回 尖閣問題以降のマレーシアの状況

第8回目の今回は、日中間で巻き起こった尖閣諸島の領有権問題に関して、それ以降のマレーシアの現状をお伝えします。マレーシアの25%を中国系(チャイニーズ・マレーシアン)が占めている関係で、日本に対するバッシングを懸念する声が上がっていましたが、日本大使館前で中国系住民による小規模な抗議活動が起こったほかは平穏な状況がずっと続いています。

筆者:
鵜子幸久

第7回 マレーシアの特長~賄賂がいらない投資環境

 過去6回にわたり、全体的なマレーシアの優位性を説明してきました。第7回目の今回は、他のアセアン周辺国とも比較してみたマレーシアの特長と独自性に触れてみましょう。

筆者:
鵜子幸久

第6回 マレーシアの産業構造

 マレーシア進出を検討する場合に、過去から現在までの産業の変遷や構造を知ることは重要だと思います。今回は、代表的な業種である製造業・IT産業・サービス業の3分野を取り上げて説明いたします。

筆者:
鵜子幸久

第5回 マレーシア

「アジア」──と、我々は一言で簡単に言ってしまいます。が、このエリアは、そんな「アジア」という名称だけで一括りする事は出来ないと思います。歴史も背景も大きく異なっており、これほど文化が多種多様な地域もありません。ですが、まだまだ基本的な情報すら知らない日本人が多いのも事実です。このコラムでは、毎回9つのキーワードで、アジア各国の基本情報を提供しております。第1回目はベトナム、第2回目はカンボジア、第3回目はラオス、第4回目はミャンマーを取り上げました。第5回目の今回はマレーシアです。

筆者:
鵜子幸久

第5回 上昇を続けるマレーシア人の国民所得

 マレーシアは、アジアでは最も起業と生活がしやすい国です。第5回目の今回は、現在も上がり続けているマレーシア人の国民所得について説明いたします。

筆者:
鵜子幸久

第4回 マレーシアでの開業スケジュール(サービス業の場合)

 マレーシアはアジアでは最も起業と生活がしやすい国です。第1回目は「日本企業の進出が加速している現状」、第2回目は「マレーシアのメリット」、第3回目は「マレーシアで起業するための条件」を説明いたしました。今回は簡単ですが、マレーシアでの開業スケジュールを、サービス業を例に上げて示したいと思います。

筆者:
鵜子幸久

第3回 マレーシアで起業するための条件

マレーシアはアジアの中では最も起業と生活がしやすい国だと言われています。第1回目は、日本企業の進出が加速するマレーシアの現状について、第2回目は、ビジネスと生活の2つの側面から、マレーシアのメリットを取り上げました。第3回目の今回は、マレーシアで起業するための条件を説明いたします。

10件中 1- 10 件の検索結果
表示件数: 5 10 30
注目のコラム
Insert title here
Copyright (C) 2014 JCNETASIA. All Rights Reserved.