Insert title here
  1. トップページ
  2. コラムアーカイブ

松川英樹のコラムアーカイブ

9件中 1- 9 件の検索結果
表示件数: 5 10 30
筆者:
松川英樹

第9回 中国景気減速の本当の理由

2015年には、日本のメディアで、中国経済のキーワードとして「新常態(ニューノーマル)」が頻繁に引用されるようになり、年明け早々の中国株の暴落をきっかけに、中国経済の停滞感、先行き不透明感がいっそう高まっている。中国の景気減速については、これまで定番の論法とも言うべき理由付けがなされてきた。しかし、中国現地の実情を見れば、もっと根本的な原因がありそうだ。

筆者:
松川英樹

第8回 “中国向け”の落とし穴

「爆買い」が2015年の流行語大賞に輝いたように、日本を訪れる中国人客は年々増えている。海外ビジネスの鉄則として、中国の日本食業界でも、現地に合わせたカスタマイズが重視されてきた。しかし、本場日本の味を知った中国人の嗜好が変わっていく中で、時には“中国化”が逆効果になることもある…。

筆者:
松川英樹

第7回 日本の技術に生存を賭ける中国企業

今、中国の中小企業は、不動産価格の高騰や人件費の値上がりに喘ぎ、「倒産か、新事業への転換か」という岐路に立たされている。新事業への転換を検討する中国企業からは、「日本の技術を買いたい」という声が頻繁に寄せられるようになった。中国企業が、日本の技術に自社の生き残りを賭けようとしているという動きは、日本企業にとっては大きなチャンスのはずなのだが…。

筆者:
松川英樹

第6回 支払い困難な青空の代価

昨年の「APECブルー」に、今年9月の「閲兵ブルー」と、北京で国家的行事が開催された際に、突如として現れた青空。大気汚染はコントロール可能であることを示す形になったが、その裏には、政府も手を焼く根深い問題が潜んでいる。環境保護と経済発展の狭間で揺れる、中国の現状に迫った。

筆者:
松川英樹

第5回 中国企業が欲しがる日本の技術

中国の製造業界では、日本の技術を売って欲しいという要望も多い。しかし、日本の企業は、時間と労力を費やして開発した技術を売ることには否定的だ。技術を守りたいという意識も強く、中国企業に売却することへの不安もある。開発のスピードが加速化している現在、このニーズにどう対応すべきなのか?

筆者:
松川英樹

第4回 日本の国内企業が中国人を雇うには

日本国内の製造企業にとっても、今やなくてはならない存在となった外国人労働者。そのうち約40%を占め、人数も多い中国人労働者が、製造の現場ではなぜか敬遠されている…。日本の経営者や労務担当者の声から、“嫌われてしまう”理由と、職場でどのような体制を整えるべきなのかを探る。

筆者:
松川英樹

第3回 牛丼屋に見る経営のキモ

吉野家を筆頭に、1992年~2009年にかけて中国本土への進出を果たした、日本の3大牛丼チェーン。ファストフードの1カテゴリーとして、すっかり現地に定着していた。しかし、最近上海では牛丼屋の閉店が相次いでいる…。裏にはどんな事情があるのか? そこから見えてきた経営者に必須のスキルとは。

筆者:
松川英樹

第2回 中国ビジネスに必要な「4つの“現”」

日本の常識が通じない場面も多々ある中国ビジネス。段取りを間違えると、せっかく進んだ商談が振り出しに戻ってしまうことも。今回は、中国市場でビジネスをするにあたり、押えておきたい4つのポイントを紹介する。

筆者:
松川英樹

第1回 中国マーケットリサーチの掟

中国におけるマーケットリサーチは、過去の既成概念がまったく当てにならない。10年以上前から中国業務に携わってきた筆者は、中国の人々の価値観が正に逆転した例を何度も目の当たりにしてきた。

9件中 1- 9 件の検索結果
表示件数: 5 10 30
注目のコラム
Insert title here
Copyright (C) 2014 JCNETASIA. All Rights Reserved.