Insert title here
  1. トップページ
  2. コラムアーカイブ

堀真一郎のコラムアーカイブ

10件中 1- 10 件の検索結果
表示件数: 5 10 30
筆者:
堀真一郎

第10回 ベトナムで僕も考えた

 サッカーのUEFA欧州選手権(EURO)2016が開催中の時でしたが、少し考えさせられることがありました。ベトナムで引ったくり被害が増加しており、注意をうながす記事がやたらと目についたのです。一体どういうことなのか──。ベトナムで僕も考えました。

筆者:
堀真一郎

第9回 ベトナムでオフィスを借りる(その3)

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。事業を推進するためには、オフィスの問題は軽視できません。私もベトナムではオフィス探しで苦労してきました。過去2回にわたって、ベトナムでのオフィス探しにまつわるエピソードをご紹介してきましたが、今回は第3回目です。

筆者:
堀真一郎

第8回 ベトナムでオフィスを借りる (その2)

外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。事業を推進するためには、オフィスの問題は軽視できません。私もベトナムではオフィス探しで苦労してきました。前回に続き、ベトナムでのオフィス探しにまつわるエピソードをご紹介いたします。

筆者:
堀真一郎

第7回 ベトナムでオフィスを借りる(その1)

 外国で事業をするときに考慮しなければいけない問題はいくつかありますが、そのうちの一つがオフィスです。場所をどこにするかは大事ですし、広さも考えないといけない。もちろん家賃も重要です。事業を推進するためには、オフィスの問題は軽視できません。私もベトナムではオフィス探しで苦労してきました。

筆者:
堀真一郎

第6回 ハノイとホーチミンシティーってどう違うの?(その4)

 ベトナムは、北部と南部では気質も文化も慣習も風土も大きく異なっています。北部にある首都ハノイと南部にある商都ホーチミンシティーはどう違うのか――。今まで3回にわたって説明してきましたこのシリーズも、今回の第4回目で最終回となりました。最後に、ハノイとホーチミンシティーの相違点をまとめます。

筆者:
堀真一郎

第5回 ハノイとホーチミンシティーってどう違うの? (その3)

 ベトナムは、北部と南部では気質も文化も慣習も風土も大きく異なっています。北部にある首都ハノイと南部にある商都ホーチミンシティーはどう違うのか――。今回も、ハノイとホーチミンシティーの相違点について、具体例を上げてご説明いたします。

筆者:
堀真一郎

第4回 ハノイとホーチミンシティーってどう違うの? (その2)

 一口にベトナムと言っても、北部と南部は気質も文化も風土も大きく異なっています。北部にある首都ハノイと南部にある商都ホーチミンシティーはどう違うのか――。前回に続き、ハノイとホーチミンシティーの「距離」の「遠さ」をご紹介いたします。

筆者:
堀真一郎

第3回 ハノイとホーチミンシティーってどう違うの? (その1)

 ベトナム最大の都市は南部にあるホーチミンシティーです。しかし、首都は北部にあるハノイ。こちらはベトナムで2番目の大都市。一口にベトナムと言っても、南と北は気質も文化も風土も大きく違います。ハノイとホーチミンシティーはどう違うのかーー。これから数回に渡って取り上げていきたいと思います。

筆者:
堀真一郎

第2回 社会主義国としてのベトナム(後編)

 ベトナムの正式名称は「ベトナム社会主義共和国」。共産党による一党支配が行なわれており、政治体制は紛れもなく共産主義体制です。でも街中を歩けば、この国が社会主義国であることを忘れそうになります。昼も夜も街中は活気に満ちており、市場には物が溢れている。物欲も凄まじい。ビジネス環境も整いつつある。それでも、この国は、やはり「社会主義国」であるのは厳然たる事実です。

筆者:
堀真一郎

第1回 社会主義国としてのベトナム(前編)

 ベトナムの発展は著しい。街中の熱気に浸っていると、この国が社会主義国であることを一瞬忘れてしまいます。いつまでこの経済成長が続くか分かりませんが、まだまだこれから伸び盛りの国であることは間違いありません。ビジネス環境も徐々に良くなってきました。しかし、最前線でしのぎを削っているビジネスマンにとっては、今も「戦場」である、と言えるでしょう。

10件中 1- 10 件の検索結果
表示件数: 5 10 30
注目のコラム
Insert title here
Copyright (C) 2014 JCNETASIA. All Rights Reserved.